あひる親子のおうち英語~無理なく楽しく続けるヒント~

あひる親子のおうち英語~無理なく楽しく続けるヒント!~

中古DWEを中心としたわが家のおうち英語体験談とその成長記録 無理なく楽しくがモットー!!おうち英語の参考になればうれしいです★

MENU

とある日のオンライン英会話


スポンサーリンク

f:id:ahiruoyako-no-815:20211016045905p:image

今年の1月に長男がオンライン英会話を始めて現在9か月ほどになります。

 

4歳児が約25分のレッスンに終始集中するのは難しく、未だに部屋の中を走り回ったり、おもちゃを出してきたりと先生を困らせてしまうことも多々ありますが、ここまでよく頑張って続けてこられたなぁと改めて褒めてあげなくてはと思います☆

 

次男も機嫌のいい時はレッスンの様子を覗いたり、時には "Hello" や "My name is〜" などの簡単な発言をしたりと、長男のレッスンからもいくらか吸収しているようです。

 

先日は珍しく長男1人で先生とやりとりをしていたのでその動画をアップしてみます(*^_^*)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

あひる(@ahiru.kt)がシェアした投稿

 

先生の声が聞き取り辛いですが、ほぼ家族の枕の色についての質問です。ちなみにわたしを含め子どもたち2人も枕は使っておりませんので、正確に答えたのは父の物のみということになります(笑)

 

その後は、長男が持ち出したポケモンのおもちゃを先生に見せびらかしたところ、うれしいことに先生が自身のスマホを出してきてゲーム内のポケモンをいくつか見せてくれました。長男はポケモンのゲームをやったことがないので、見たことのない映像に大興奮!!終始画面に釘付けでした。

 

見せてもらったポケモンの名前について "How do you say this one in English?"と尋ねてみると、先生は "We call〜" と英語での名前を教えてくれました。どれも日本名とは違うものばかりで新鮮でしたが、ゲンガーはそのままGenger(ゲンガー)なのは驚きでした∑(゚Д゚)

反対に日本名を聞かれたときは親子で一緒に答えることができました。余談ですが、出てきたポケモンが初代のものばかりだったので助かりました。(わたしが初代+αしか知らなくて・・・)

また、先生は進化について説明するときに " turn into〜 " というフレーズを使っていたので、レッスンの後にその話をすると、早速、Pichu turn(s) into Pikachu.と使って説明してくれました。

 

今回は用意されたレッスン内容からは大きく外れましたが、先生のおかげで親子ともとても楽しいレッスンになりました(≧∀≦)

わたしももう少し思ったことを英語にすることができたら、より盛り上がったなぁとちょっと心残りはありますが・・・

 

そんなQQキッズの体験はこちらから↓

詳しい内容はこちらの記事を↓

ahiruoyako-no-815.hatenablog.com

 

気に入った方はこちらの紹介コードから申し込みいただくと、月8回プランが初月無料になりますよ〜!(無料期間後についてはプランの変更も可能でした)
https://s.qqeng.cc/sp/91xpuprcvmspd

よかったらどうぞ(^-^)